HF-YOZAKURA’24 SF,S-ESU/ATB

Specification

Body Top: Selected Sitka Spruce
Body Side&Back: Yamazakura with 3P Center: Tochi
Neck: African Mahogany
Fingerboard: Ebony
Nut: High Density Bone(水牛骨)
Saddle: High Density Bone(水牛骨)
Bridge: Ebony
Machineheads: GOTOH®SG301 AB01 GG
Fret: HHF-AG2S
Scale: 628mm(24.75inch)
Neck Grip: Extra Slim U Grip
Width at Nut: 43mm
Bracing: 34 Semi Forward Shifted, Scalloped X Bracing
Finish: Thin Urethane
Strings: Elixir® NANOWEB Light(.012-.053)
Category: Tags: , , , ,

Description

Headway 櫻花木吉他10周年紀念款

櫻花木吉他的製作始於 2014 年製作的一把烏克麗麗。Headway 一直以來都以多年來製作吉他的知識和技術來處理這種木質和聲音都與傳統進口木材不同的木材。今年,我們終於迎來了 10 周年紀念日,並推出了這款特別的型號,希望它能更上一層樓,飛向世界。

 

櫻花吉他的特殊顏色

HF-YOZAKURA’24 採用了 2016 年首次亮相的“夜櫻黑色”作為基礎,並採用了適合 10 周年的優雅配色。斜向擴展的紅紫色漸變散發出優雅的氣息,宛如月光照耀下的夜櫻。

琴頭“鶴” 鑲嵌

作為與櫻花一樣象徵日本精神的存在,琴頭採用了“鶴”圖案設計。10 周年紀念櫻花型號以鶴為原型,表達了希望它能飛得更高更遠,飛向世界各地的願望。

櫻花飄落的指板鑲嵌

通過巧妙的壓克力和鑲嵌,飄落的櫻花花瓣在指板上精美地呈現出來。

處處可見的 10 周年紀念設計

隨附 10 周年限定設計的音孔蓋,採用櫻花覆蓋的鶴翼圖案。別緻的鶴羽圖案也繪製在護板​​上,為吉他增添了故事性。

日本產櫻花木 x 栃木

側板採用了具有柔美木紋的山櫻木(ヤマザクラ)。它具有非常堅硬的特性,有明顯的中低頻音域,同時發出櫻花木特有的甜美音色。背板採用日本產栃木三片結構,繪製了一群展翅飛翔的鶴。

採用 ATB 系列最新結構

採用 Headway 歷史上最薄的“Extra Slim U Neck”。當然,它考慮了 Headway 琴頸的穩定性,並通過採用 carbon rod “High Strength Neck” 來提高剛性。carbon 的效果不僅在於穩定性,還可以抑制不必要的琴頸彎曲,使弦振動順利傳遞到琴身,從而提高高音域的表現力。

 

 

10周年を迎えたHeadwayの桜ギター

私たちの桜材を使ったギターの始まりは、2014年に製作された一本のウクレレからでした。従来の輸入材とは木質もサウンドも異なるこの木材に、Headwayは長年のギター作りの知識と技をもって今日まで向き合いを続けています。そして本年、ついに10周年という節目を迎え、さらなる飛躍と世界へ羽ばたいて欲しいという願いを込めた特別なモデルがここに完成しました。

桜ギターへの想いを込めた特別なカラー

2016年の初登場以降、桜ギターの代名詞ともなった「夜桜ブラック」をもとに、10周年にふさわしい趣のあるカラーリングで仕上げました。斜めにかけて広がる赤紫のグラデーションは、月明かりに照らされた夜桜のごとく気品に満ちた表情を見せます。

デザイン

ヘッドに宿る「鶴」のモチーフ

桜と同じく和の心を象徴する存在として、天神には「鶴」のモチーフをデザインしました。10周年を迎えた桜モデルを渡り鳥である鶴になぞらえ、どこまでも高く、そして世界中へ羽ばたいて欲しいという願いを込めました。

桜舞い落ちる指板インレイ

アクリルと木材を使用した巧みなインレイワークによって、葉桜と舞い落ちる桜の花弁を指板上に美しく表現しました。

随所にみえる10周年を記念したデザイン

桜花をまとった鶴の翼をイメージした10周年限定デザインのサウンドホールカバーが付属。ピックガードにもさりげなく鶴の羽が描かれており、ギター全体にストーリー性を持たせています。

国産材 ヤマザクラ×トチ

しなやかな杢目を持った山桜(ヤマザクラ)をサイドバック材として使用。非常に硬質な特徴がありローミッドにピークを持ちつつも、桜材特有の甘いサウンドを奏でます。裏板は同じく国産材の栃(トチ)を使用した3ピース構造になっており、飛び立つ鶴の一群が描かれます。

ATBシリーズ最新の構造を採用

Headway史上最薄”Extra Slim U Neck”

従来のHeadwayのネックのイメージを覆す薄さを重視した『Extra Slim U Neck』を採用。Headwayネックの特徴である安定性はもちろん考慮され、カーボンバーを入れる「ハイストレングネック」仕様によって剛性を高めています。カーボンバーの効果は安定性のみでなく、不要なネックのしなりを抑え弦の振動がスムーズにボディトップに伝わることにより、高音域の表現力が向上しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: neck-grip_0.jpg

34セミフォワードシフテッドブレーシング

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: momose-portrait_0-800x534.jpg

Headwayマスタービルダーの百瀬恭夫が1934年製のビンテージギターのブレーシングを研究し、独自に発展させたブレーシングを継承。Xのクロス位置がサウンドホールに近いセミフォワードシフトで新品時より低音の反応がよく、ボリュームのある鳴りを持ちます。フォワードシフトよりも5mmほどブリッジ寄りになっていることにより、トップ板の安定性も考慮された設計が行われています。